img_01

がんの治療にも使われている成分

がんに有効とされるサプリメントはがんの治療にも使われている成分です。
最近この成分は、がんに効果的な作用がみられるとして、医療機関の注目を集めています。


現在わかっているがんに有効とされるサプリメントのがんに対する作用は、がんに対するアポトーシス作用、免疫力強化作用、申請血管抑制作用の3つです。

がんに対するアポトーシス作用は、アポトーシスを起こさずに死ぬことがないがん細胞を死に追いやることができるという作用です。

通常、がん細胞は死ぬことなくひたすら増え続けますが、がんに有効とされるサプリメントを使うとがん細胞にアポトーシス作用をもたらすことができるのです。

そして、免疫力強化作用も、がんに有効とされるサプリメントのがんに対する代表的な働きの一つです。がんに有効とされるサプリメントとの上手な付き合い方をお知らせします。



この成分はがん細胞と戦う免疫細胞を増やし、強化することで、がん細胞を駆逐する手助けをします。また、がんに有効とされるサプリメントには新生血管を抑制する作用もあります。
がん細胞は血管を増やすことでがん患者の体から栄養分を取り込み、自らの栄養分を確保する性質があります。

しかし、この成分はがん細胞に新しい血管を作らせないという特性が報告されているのです。


新しい血管が作られなくなることで、がん細胞に栄養が行き届かなくなり、それらは死滅します。実際に、がんに有効とされるサプリメントのサプリメントを使ってがんの治療を行っている医療機関も存在します。

この医療機関では、医師の診断に基づき、患者一人一人の病状や体質に合った摂取量やそのタイミングを考慮しながら、この成分を使ったサプリメントでの治療を行っています。



ただし、この医療機関ががん治療に使っているこの成分のサプリメントと、一般に市販されているそれとは違いますので注意しましょう。

一般に通販などで販売されているがんに有効とされるサプリメントのサプリメントの中には、がんに有効性が認められていないがんに有効とされるサプリメントが含まれたサプリメントも多いのです。

この成分のサプリメントを使ったがん治療を受けるときは、きちんとした専門医に相談してから受けるようにしましょう。