オフィスの選択について

オフィスの活用方法は様々で、多様化しています。
最近では低コストでおしゃれなテナントビルなども現れ、そこを活用して発展する企業も増えています。


特にIT企業は準備金も少なくて良いので、オフィスを借りるときも低コストで抑えて、お金を蓄えるといった考えて、うまくスタートを切ることも可能です。
どの企業も始めから大人数でスタートすることはありません。

最初は小規模で始めていき、企業の方向性、業界の動向などを見定めながら、人員の増減を調整したり、事業を変えていきながら舵取りをしていくものです。
始めから人員にコストをかけていては後の状況の変化に対応できないことになってしまうので、柔軟な対応ができるように資金を蓄えておくことが大切です。

そういう意味ではオフィスの選択も重要と言えます。

都会の一等地にオフィスを構えることは、営業のしやすさなどから考えて、メリットは大きいです。



しかし、そのメリットを利用すべきタイミングというものがあり、それが創業してすぐなのか、もう少し後なのかは業界の動向などを慎重に見極めながら、経営者自身が判断しなければなりません。



この判断を誤ると後で苦労しなくても良い苦労をしてしまうことになるので、そうならないように事前に業界の動向についての勉強をしておく必要があります。


例えば、経営者同士での情報交換などがあります。


経営者は情報に敏感な人が多いので、その中のネットワークを活用することで、最新の情報が入手できる可能性も上がります。

また、入手した情報の信憑性が高い傾向にあるとも言えます。



信憑性に不安があるのであれば、直接経営者の方に質問するなどして、信用できる情報かどうかを確認することもできます。



オフィスの選択に限らず、資金の使い方は今の時代だと慎重になるべきですが、慎重になりすぎても良くありません。



オフィスの選択方法から日々勉強し、経営者としても日々成長していこうとする気持ちがあれば、成功するでしょう。


https://www.youtube.com/watch?v=zJi7tIRGuHo