特殊なSEO対策を理解する

SEO対策の中には、少し変わった対策もあります。

それは、検索エンジン側に対して、自身が運営しているサイトの評価を渡さないというSEO対策です。

SEOの会社情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

なぜこのようなSEO対策があるのでしょうか。

これには、実はかなり重要な理由があるのです。

例えば、SEO対策で最も効果の高いものの一つである被リンクを考えます。
被リンクというのは、検索エンジンのアルゴリズムの性質上、それを大量に獲得すればするほどそれに伴ってサイトの評価も高くなっていくという性質があるのです。

ですので、SEO対策を考える場合、まずはこの被リンクを中心に対策を練っていくことは賢明だと言えるわけです。


しかし、ここには落とし穴があります。


実は、検索エンジンというのは無意味な被リンクの大量獲得をスパム行為として見なしてしまう性質があるのです。
これは、大手の検索エンジンならばほとんどルールとして書かれているほどで、過度な被リンクの獲得は検索エンジンによるペナルティの対象として処理されてしまう可能性が高くなってしまいます。
ペナルティを与えられてしまいますと、そのサイトは検索エンジンの下位ランクに下げられてしまい、その修正はかなり困難になってしまうわけです。

SEOのコンサルティングの特別な情報を載せています。

そうならないようにするために、検索エンジンに評価を渡さないというSEO対策が必要になってくるのです。
被リンクというのは、何も検索エンジンに評価を渡すだけが目的ではありません。

窓口を広くして、色々なユーザーに自身のサイトに来てもらうことも目的としているのです。ですから、こうした評価を渡さないという対策をとってもバランス的には大きな打撃にはなりません。評価を渡さない具体的な方法としては、nofollow属性というものがあげられます。



この属性がついていますと検索エンジン側が、サイトの評価を渡したくないのだ、と理解してくれますので、そのまま被リンクとしての目的だけを達成できるのです。

このように、SEO対策には色々な手段が備わっています。

どの対策をとっても、複数の方法を使うことによって結局はバランスの取れたSEO対策ができるように上手くなっていますので、初心者の方は怖がらずに色々とチャレンジしたほうがいいです。


そうすることによって、初めて有効的なサイト作りが出来るのです。